妊婦さんのイメージイラスト

妊活予備知識 - 妊娠と女性の病気について -
「クラミジアが妊活に与える影響とは 」

妊活-始める前の予備知識-ロゴ
仲の良いカップル

クラミジアが妊活に与える影響とは

  1. google

妊活をする上で性感染症の検査は受ける必須項目の一つではないでしょうか。
性感染症は非常にデリケートな問題で、女性が性感染症に感染していなくても、実はパートナーが感染していたなど様々なトラブルを引き起こしかねません。
では性感染症で起こり得るトラブルとはどんなものなのでしょうか。

かかりやすいクラミジアと不妊の関係

性感染症は目に見える病気ではないし、感染していたとしても目立った症状がない場合もあるので、発見が遅れたり何度も感染を繰り返したりなど、難しい問題になることもあります。
かかりやすい感染症の中に「クラミジア」というものがあります。
これにかかった場合、心配されるのが不妊に関してです。
女性が感染した場合、放置しているとクラミジアが性器から子宮内部へと進んでいき、卵管まで達すると卵管炎などの病気を発症します。
その卵管炎が原因となって、卵管の閉鎖や癒着が起こることがあり、物理的にも妊娠しにくくなることがあります。
クラミジアの感染は自覚症状がほとんどないので、早期発見することが難しいものです。
そのため、何度も感染を繰り返すことも考えられるので、それらが妊活に対して大きな影響を与えることもあります。

性感染症は気付かないうちにかかっている可能性が

気付かないうちに何度も繰り返し感染することを防ぐためにも、妊活中も必ず性感染症の検査を受けることが大切です。
このような病気の場合、女性だけがそういった検査を受けるのではなくて、パートナーも一緒に検査を受けることが重要ではないでしょうか。
いくら女性だけ治療をしても、男性側が治っていなければ意味がありません。

クラミジアの症状とは

症状についてですが、クラミジアの感染が明らかな場合は男女で症状が異なります。
女性:おりものの増加、おりものの臭いがきつくなる、不正出血、性交痛、下腹部痛など
男性:尿道炎を起こし排尿痛や膿が出る、かゆみ、性器周辺の腫れ、発熱など

これらの症状があるときは速やかに病院を受診し、適切な治療を受ける必要があります。
ただ女性は感染していても自覚症状がない場合や無症状の場合もあり、気付かないことがあるようです。
パートナーに異変があれば自分も一緒に検査へ行くようにしましょう。
またクラミジアは喉への感染もある場合がありますので、その際しっかりと喉も検査して貰い治療しましょう。

性感染症は放置せずに検査と治療を

日本性感染症学会によると、1~2週間抗生物質を服用することで治せるとしていますので、パートナーと一緒にしっかりと治療を行いましょう。こうしたことから、クラミジアは妊活に対して大きな影響を与えるものです。
妊活をする上で不妊というのは全ての希望を閉ざされるようなものですから、そういったことを未然に防ぐためにも性病検査は受けておいた方が良いですし、パートナーと一緒に受けることが理想的です。

この記事の関連の記事

生理痛に悩む女性

生理が重い人は不妊になりやすいってホント?

生理痛って我慢してませんか?あまりにも酷い生理痛はもしかすると子宮の病気が関係してくるかも!