妊婦さんのイメージイラスト

妊活予備知識 - 妊娠と女性の病気について -
「子宮筋腫と妊活について 」

妊活-始める前の予備知識-ロゴ
子宮筋腫について

子宮筋腫と妊活について

  1. google

妊活をする上で、女性の子宮の状態はとても重要なウエイトを占めるものです。
特に子宮に子宮筋腫があるときは、筋腫のサイズが小さく自覚症状がない場合などは特に心配はないケースがあるものの、場合によっては不妊の原因になることがあるため、やはり注意が必要です。

良く耳にはするけれど子宮筋腫とはどんなものか

子宮筋腫というものは、そもそも子宮にできる良性の腫瘍のことで、サイズが小さく自覚症状のないうちは自然に妊娠をすることもできますし、出産も可能です。
ただし、子宮のいろいろなところにできるので、できた場所によっては妊娠の妨げになることもあります。
子宮筋腫自体は、どうしてできるのか詳しいメカニズムがわかっていませんが、閉経することで筋腫が委縮し小さくなることからエストロゲンなどの女性ホルモンが関係しているのではないかと言われています。
そのため、女性ホルモンが多い30代や40代の女性などでは1か月間の間で筋腫のサイズが変動することがあるようです。

30代40代の女性は特に要注意

妊活をしている年齢で一番多い層がこの30~40代と言われています。
それを考えると妊活をしている女性にとって、子宮に筋腫があることはデメリットではないでしょうか。
自分の体のことを知るためにも妊活を始めようと思ったらすぐにでも病院へ行き、検査をして貰うことが妊活への第一歩です。
また筋腫かと思っていたら肉腫だったなど、違う病気の可能性もあります。
小さいから大丈夫と自己判断で放置せずに、定期的に検査を行い医師の判断に従うようにしましょう。
万が一のことが無いように、きちんと自分の体と向き合っていくことを忘れないようすることが大事です。

この記事の関連の記事

手をつなぐカップルの画像

妊活したいのに性交痛で辛い。これって病気?

性交痛で悩んでないですか?割と多いその悩み。自分のせいと思わずに相手にも悩みを打ち明けて改善しよう。