妊婦さんのイメージイラスト

妊活予備知識 - 妊娠と女性の病気について -
「生理が重い人は不妊になりやすいってホント? 」

妊活-始める前の予備知識-ロゴ
生理痛に悩む女性

生理が重い人は不妊になりやすいってホント?

  1. google

女性と生理

女性は体が大人になり成熟すると生理が始まります。
生理は女性にとって、妊娠をするためには必要なことであると同時に、毎月定期的にやってくる厄介なものでもあります。

この生理には生理痛という症状があるものの症状の強さに個人差があり、ほぼ気にならない程度の生理痛の人もいれば、明らかに病的に重い症状の人もいます。
しかし生理痛が重い症状の女性の殆どは、これを当たり前のように受け入れ、我慢を続ける日々を繰り返しているのではないでしょうか。

生理痛が不妊を引き起こす病気の症状の一つの可能性も

生理開始の前後の日で、起き上がれずに寝込んだりなど、日常生活に支障が出てしまうような状態になる人も少なからずいるかと思います。
このような場合は子宮系の病気を疑う必要があり、このまま放置しておくと不妊の原因になりかねないような危険な状態になり得る可能性があります。

生理痛の原因は一体何?

生理痛の痛みの原因は、黄体ホルモンやプロスタグランジンの分泌量、またうっ血によるものなどが原因とされています。
生理中の痛みについてはプロスタグランジンによる子宮の収縮が強い痛みを引き起こすとされており、やはり生理痛が酷い人はこのプロスタグランジンの分泌量が過剰であったりするようです。

ではなぜ、生理痛と子宮系の病気が関係してくるのでしょうか。

不妊と子宮の病気

子宮の病気、いわゆる婦人科で見て貰う病気のことになりますが、一般にどのような病気があるのでしょうか。

酷い生理痛が症状の一つでもある主な婦人科系の病気といえば、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症などがあります。
子宮内膜症は子宮内にあるはずの内膜が他の部位にもできてしまい炎症を起こすものです。
子宮筋腫は子宮自体にできるこぶのようなもので、筋腫は大きいものから小さなものがたくさんできる場合など、症状は軽いものから酷いものまで様々です。

代表的なものはこの2種類で、共通しているのは生理のときに痛みが強く、出血量が多いことです。

このような病気にかかると生理痛の原因であるプロスタグランジンが過剰に分泌されるようになり、通常の生理の時よりも痛みなどの症状が酷くなります。
また毎月の生理で病気自体も進行してしまう可能性もあり、放置しておくと重症化してしまう恐れもあります。

重症化してしまうと、卵管の閉鎖や排卵や着床の妨げになるなど、不妊の大きな原因となり得ます。

生理痛が酷いと感じるなら病院へ

”病気になると必ず不妊になる”と言うことではありませんが、正常な子宮や子宮内膜の状態とは違うために、通常よりも自然妊娠しにくくなる可能性はあります。

少しでも生理がおかしいのではないかと思ったら、婦人科を受診しましょう。
もしも異常なしであればそれに越したことはありません。
受診することで、それが自分のからだを見直すきっかけにもなるのではないでしょうか。

この記事の関連の記事

妊活とうつのイメージ

もしかして不妊うつ?妊活でうつ病対策

妊活を始めて自分自身が嫌いになったりしてませんか?うつの兆候があれば、ちょっと自分を休めてあげましょう。