妊婦さんのイメージイラスト

妊活予備知識 - 妊娠と女性の病気について -
「男性だけじゃない!女性にだってある性の機能障害 ~性交痛~ 」

妊活-始める前の予備知識-ロゴ
黄昏る女性

男性だけじゃない!女性にだってある性の機能障害 ~性交痛~

  1. google

女性にもある性機能障害

性機能障害といえば男性の勃起障害を思い浮かべる人もいるでしょう。
でも女性にも性機能障害ってあるのをご存知でしょうか。

・パートナーが求めてきてもその気になれない
・行為中快感を得られず行為そのものが楽しめない
・挿入が痛み等で困難

軽度から重度まで様々かと思いますが思い当たる人もいるかと思います。

今回は挿入時の痛み「性交痛」について取り上げたいと思います。

性交痛をがまんしないで

妊活を希望しているからできるだけのことはしたい、でもどうしても性交痛があってすごくつらい。。。
誰にも言えずがまんしてませんか?
そんな時は迷わずに婦人科を受診して性交痛の原因を探ることがとても大切です。
もしかすると思わぬ原因が隠れている可能性も。

性交痛の原因とは

性交痛は物理的な原因と感染症が原因のもの、経験や性交の内容が浅いものなどさまざまな原因があります。
特に元々は性交痛がないのに最近になって出るようになった場合などは、子宮筋腫などの婦人科系の病気が疑われます。

それ以外で、病気等体の問題はないが初めて性交をした時から続くものや何かきっかけと言える出来事があった時からなどに関しては、膣痙(ちつけい)の疑いが出てきます。

膣痙というのは、女性の膣開口部周囲筋の不随意な収縮のことを指し、強い筋収縮が大きな症状です。
いわゆる痙攣をおこすものではなく、筋肉がひきつるため行為そのものが困難になる状態のことを言います。

膣の筋肉が収縮することはごく自然なことですし、反対に出産のときは膣の筋肉が伸びることになりますから異常ということはありません。
しかし膣痙の場合は、性交に耐えることができない他、市販のタンポンですら痛みに耐えられないことがあります。

膣痙とはどんなもの?

一般的に膣痙が起きると、行為中にペニスを挿入しようとすると膣が収縮してしまいペニスの挿入ができない状態になる症状とされています。

膣痙の原因は初めての性交のときにはじまることが多く、多くは性交への恐怖感や痛みを恐れる気持ちなどが関係していると言われています。
初めての性交時に予想以上の痛みを感じたり、セックスでひどい扱いを受けると言った経験があるなどの心理的要因が原因で膣痙を起こしてしまいます。

この膣痙というのは反射的に起こることが多く、場合によっては性的欲求はあるのに挿入する直前になると収縮してしまい挿入不可能な状態になるということもあります。
陰部に触れられるだけでも膣筋肉が収縮してしまうようになるなどメンタル面からの影響も大きなものです。

女性の性機能障害

女性と性機能障害が結びつかない人も多いと思います。
性機能障害は男性の病気というイメージが先行しているからです。

男性のペニスは露出していて、勃起しているかどうか一目瞭然なので大変分かりやすい構造をしており、
それに比べ、女性器は見た目分かりにくい構造をしています。

男性の性機能障害と言えば勃起障害が有名で、つまりインポや早漏など自分の気持ちとは別の反応を起こす病気です。
自分では性交を持ちたいのに勃起しない、または極端に速く射精してしまうといったことから、性交そのものがうまく成立しない状態をいいます。

そして膣痙もこの性機能障害に該当し、女性の性機能障害の中の性交痛障害です。

男性の勃起障害と同様に性機能障害という病気になります。
ですので病院での治療を受けることができ、治る可能性があります。

1人で悩まないでゆっくり改善していきましょう

膣痙は女性の性器脳障害の中でも性交に対して大きな妨げになるもので、性生活が満たされないし欲求があっても満たすことができない状態になります。
この欲求不満な状態を苦痛と感じることも多く、精神的にも肉体的にも苦痛を伴うものです。

ですがこの膣痙は改善できる病気でもあり、できるだけ積極的に治療を受けることがおすすめです。
治療では膣の極端な収縮への反射を弱めるものが行われていき、簡単に言えば触れられる練習を重ねることが治療となります。

痛みを生じるためにこの触るということも少しずつ進められ、いきなり膣内を触るようなことではなくあくまでも様子を見ながら徐々に進められます。
もしパートナーに悩みを打ち明けられていないのであれば、これを機に相談しましょう。
妊活を希望するなら性交は欠かせませんので、膣痙のある方は悩むより治療を進める方がポジティブに妊活を進めることができるといえます。

性機能障害というと重たく感じますが誰にでもなり得る可能性のあるものなので、悩まずに治療に専念しましょう。

この記事の関連の記事

仲の良いカップル

クラミジアが妊活に与える影響とは

妊活する上でまず最初にして貰いたいのは、性感染症の検査です。沢山ある性感染症の中でも不妊を招く恐れのあるクラミジアについて、ご紹介したいと思います。