妊婦さんのイメージイラスト

妊活予備知識 - 妊活といろいろな雑学 -
「妊娠中に虫歯治療はNGって本当? 」

妊活-始める前の予備知識-ロゴ
歯医者に行くか悩む女性

妊娠中に虫歯治療はNGって本当?

  1. google

妊娠中の歯科治療は危険!?

都市伝説っぽい話になりますが、「妊娠中は麻酔が出来ないから、歯科治療はNG」というのを聞いたことはありませんか?

実は私も妊娠中にその情報に踊らされていた一人なのですが、麻酔はともかく歯科治療自体は本当にNGなのでしょうか。

妊娠中の歯科治療は実は問題なし

妊娠前には気が付かなかった虫歯や歯茎の痛みが急に気になってきたりして、歯医者に行きたいけど行くか迷うなんてことが起こった時、誰もが思うのが妊娠中に虫歯治療ができるのか、治療してもお腹の赤ちゃんに害はないのか気になるところです。

では妊娠してるときの虫歯治療について、
結論から言えば
歯科治療は可能です。

「え?本当に?」と思う人も多いかと思いますが、実際に妊娠中の方も治療に来られるそうですし、通常の治療なら全く問題ないとのことです。

麻酔と言っても全身麻酔はしませんし、ほんの一部に麻酔を打つのみの治療が殆どです。また歯の詰め物や少々削る程度ならなんら問題はないでしょう。
そして麻酔と同じように心配されるレントゲンも口以外には照射されないので問題はないようです。

むしろ妊娠中に虫歯や歯周病を放置する方が問題なようです。

口腔内と胎児への影響

妊娠中に歯医者に行きそびれて虫歯や歯周病が悪化したとしても、それは母体だけの問題で胎児には影響はないと思ってませんか?

実は口腔内の問題が胎児にも影響があるということが分かってきています。

歯や歯周病を放置しておくと歯周病による炎症が原因で低体重児や早産のリスクが高まると言われています。
多少ならそこまで心配ではないとは言え、歯周病が悪化してしまい炎症が酷くなってしまったら、さらにリスクが高くなる可能性があります。
また、虫歯菌や歯周病菌が胎児や出産の後の赤ちゃんに感染する可能性もあります。

出産後は子供に掛かり切りで自身の病院へ通う余裕もなくなるでしょう。
にも拘らず、歯周病や虫歯は出産後に悪化することが多いと言われています。
自分自身の為にも赤ちゃんの為にも治療を行っておく事が大切です。

では治療のタイミングはいつがいい?

治療のタイミングは、すでに悪い所がある自覚があるならば、妊活のタイミングで行っておくべきでしょう。
もし自覚症状がない場合でも、歯科は歯科検診のみでも受診できるのでケアのする目的で診て貰うのが良いと思います。

では妊娠が発覚してからはと言うと、慌てていくのではなく胎児に影響が少ない安定期に入ってからがオススメです。
つわり等で行くことが出来ない場合もありますので、つわりが治まってから行くのも良いかと思いますが、妊娠後期に入ってしまった場合は、場合によっては出産後の治療が良いこともありますので、医師と相談し治療をしましょう。

歯医者へ行く時の注意点

妊娠中に歯医者に行く時には、必ず妊娠中であることを伝えることを忘れないで下さい。

通常の治療は可能であるとはいえ、普段の体とは違う状態です。
普段では問題ない体制も苦しかったり、においなどで治療中に気分が悪くなったりする可能性もあります。

また鎮痛剤や化膿止めなどの抗生物質の処方など、お腹の赤ちゃんに影響のある薬の処方など治療方法によっては出てきます。

患者が妊娠中であることが分かれば医師も影響の出ない方法での治療を行ってくれるので、必ず最初に妊娠中であることを伝え相談しましょう。

この記事の関連の記事

アロマで癒しを感じる女性

癒しのアロマテラピー。でも妊娠中はNG?

女性に人気のアロマテラピー。妊娠に不向きなオイルがあることをご存知ですか?妊活中は使えるオイルを確認しましょう。