妊婦さんのイメージイラスト

妊活予備知識 - 妊活といろいろな雑学 -
「妊活と東洋医学 漢方のすすめ 」

妊活-始める前の予備知識-ロゴ
漢方薬

妊活と東洋医学 漢方のすすめ

  1. google

妊活と体質改善

妊活、恋活、婚活など様々な○活という言葉があります。
それぞれ目的や目標のため、自分を高めるような習い事をしたり出会いがある場に多く出かけるなど様々な活動を行うのですが、
妊活の場合は、体調を整えたり体質を改善することから始めるケースが多くあり、そのために病院でさまざまな検査をしたりします。その中で体質改善や体調不良、不妊治療の一環として漢方薬などの東洋医学の観点から治療を行うことがあります。

妊活のために産婦人科でホルモンバランスや生理周期などを細かく検査してもらうとき、数値的に特に問題がないと健康を証明された方でも、病院によっては不妊治療を目的として漢方薬を処方してくれるところがあります。

ちょっとでも妊娠力を付けたい、冷え性など妊活に負担になる症状を改善したいなど西洋医学では対応しきれないような症状を何とかしたいと思っている女性はたくさんいると思います。
しかしどこの病院でもしてくれる訳ではなく、漢方に強い個人病院にて処方してくれることが多いようです。

漢方薬とは一体どんなもの?

そもそも中国から伝来した医学で室町時代ごろから日本独自に確立した治療法が漢方で、漢方薬は東洋医学の考え方が中心になっています。
簡単に言えば漢方薬は悪いところをピンポイントに治すのではなくて、個人の体質に合わせて薬を調合し、体全体を調整していこうというもので、体の根本的な不調を正す意味があります。

漢方薬のイメージは、トカゲや蛇の干からびたものや木の根など素材そのものと言ったイメージがあります。
実際そういった自然界にあるものを利用し調合したものが漢方薬、いわゆる生薬になります。

同じ病気でも体質や体形が違うと処方する漢方薬は変化し、医師の診察によって植物や動物、鉱物などの自然界にある生薬を2種類以上組み合わせて漢方薬を作り、個人に合わせて処方します。

ただこのように様々な素材を組み合わせ個々のタイプに対応した生薬を処方できる医師は少ないのが現状です。
実際漢方医でなければ、処方は難しいと言えるでしょう。

現在漢方医でない医師で処方される漢方薬の殆どが生薬ではなく、製薬会社が製造したエキスを抽出タイプの漢方薬です。
すでに粉末状になっていて、小分けされているのが特徴です。
他の薬と同じように症状別になっているので、処方しやすい薬と言えます。

このように近年では煎じるようなことはほとんどなくなり、エキスを抽出したものを処方されることが多いです。
もし効き目が薄いな~と感じたら、漢方医のいる病院で生薬を処方してもらうのが一番良いでしょう。

不妊治療に使われる漢方薬

漢方薬は血が少ない血虚気が足りない気虚血が滞ったおけつ気が滞った気滞精力が減退する腎虚などの見方があり、それによっては処方される内容が変化します。
妊活や不妊の改善のために必要となる漢方薬は主に血行促進や体を温めるものが多く用いられ、血虚の場合、当帰芍薬散などは広く婦人科でも取り扱いがあり、多くの女性が服用しているものです。

また漢方薬には即効性がないとか、効き目が穏やかだという印象があります。
実際には解熱剤や頭痛薬のように飲んで数十分以内に効き目を実感するようなものではなく、じんわりと全身に染みわたるように効果を発揮します。

そのため西洋医学で用いる薬のようにすぐに効き目が明らかになることは期待できませんが、自分に合っているのかいないのかを判断することがとても大切になり、できるだけ長期間腰を据えて服用することが必要です。
自分に合っているかを判断するときは、服用時に飲めるか飲めないかが第一関門になります。

薬が合わないと思ったら

漢方薬はいくつもの生薬でできているので美味しい味付けではありません。
表現しがたい薬っぽさや、樹木などの風味がするなど人によってさまざまな味を感じます。
服用時に変な味ではあるが飲めるか、我慢ができないほど気になるかによって判断できます。
飲める場合は良く、我慢できないと感じるものは合わない可能性があります。

こうした症状のときは処方した医師に相談し、別の漢方薬にしてもらいましょう。
また、合わないものを我慢して飲んでいると副作用の心配もありますので注意が必要です。
初めて漢方薬を服用するときは医師の指示のもとが理想的で、ドラッグストアで購入したものを自己判断で服用するにはリスクが伴うことを自覚しておきましょう。

妊活の際にはドクターと相談の上で処方してもらうことがベストです。

この記事の関連の記事

歯医者に行くか悩む女性

妊娠中に虫歯治療はNGって本当?

妊娠中にもし歯が痛くなったら?歯科治療はNGって聞いたけど本当?実はOKなんです!