妊婦さんのイメージイラスト

妊活予備知識 - 妊活といろいろな雑学 -
「癒しのアロマテラピー。でも妊娠中はNG? 」

妊活-始める前の予備知識-ロゴ
アロマで癒しを感じる女性

癒しのアロマテラピー。でも妊娠中はNG?

  1. google

癒しを与えるアロマ

アロマテラピーは植物から抽出したエッセンシャルオイルを使用して香りを楽しみながら美容や健康に役立てるもので、男女を問わず香りが好きな方からはとても好まれています。
アロマの香りは脳の中の視床下部というところに働きかけて、リラックスさせたりホルモンバランスを整えたり、自律神経をコントロールするなど、さまざまな作用があります。

日常生活のオンとオフを明確にしたり、日ごろから安眠のために取り入れるなど使用方法は人によってさまざまですが、妊活中には利用してよいのか、妊娠中はどのような影響があるのかは、あまり詳しく知らない人が多いので要注意なんです。

いつも使ってるアロマオイルももしかすると危険かも!?

妊活中は、出来ればストレスを軽減してリラックスした中で頑張りたいですよね。
リラックスした空間作りにと思わず手に取ってしまうのがアロマオイルだったりしませんか。
でもちょっと待って下さい。いつも好きで使っているそのアロマオイルには、もしかすると妊娠には良くない成分が含まれている可能性があります。

普段の生活の中でなら大した問題もないそのアロマオイルですが、妊活中、特に妊娠しているかもしれない期間特に要注意です。

でもそんなアロマオイルですが、中には妊娠中でも使用できるものがあったりします。

妊娠中でも使えるアロマと使ってはいけないアロマ

妊活中、お勧めできない理由には、アロマの成分中に通経作用という月経を促す作用のものがあったり、胎児に悪影響を及ぼす神経毒系の作用のあるものなどある場合がるからです。

ただ、その肝心の作用については文献によって違いがあったりするので調べる本などによって書かれていることが違う可能性もあります。
それでも少しでも危険な作用がある可能性があるものについては、使用を避けるようにしましょう。

自分が使っているアロマオイルが一体何の作用があるのか、改めてちゃんと把握しておくことが大切です。

妊活中でも安心なアロマオイル

妊活中でも活用できるアロマには、イランイラン、バルサムファー、オレンジ・スイートなどがあります。

妊活中のストレスの軽減には、イランイランのように精神安定の効果のあるものがおすすめです。
またこのイランイランには、女性ホルモンの分泌を高める作用もあるみたいなので女性の体を整える効果も期待できそうです。
また不感症や男性不妊の中でもEDに効果があるとも言われているので、夫婦での妊活にはもってこいのオイルではないでしょうか。

イランイラン同様に精神の安定に効果があるのは、鎮静作用のあるオレンジ・スイートです。
こちらは、濃度を薄くすれば妊娠中や小さな子供がいる場所でも安心して使えるオイルです。
すっきりとした爽やかな香りで安眠効果もあるようですので、仕事しながら妊活をされている方にはストレスの軽減につながるのでは。

バルサムファーはバルサムモミという木が原料のオイルになります。
このバルサムモミは海外のクリスマスの映像で良く見られるクリスマスツリーとして使われている木で、すっきりとした爽やかな香りが特徴。
香水の原料としても利用されているようで、男女問わず使える香りだそうです。
こちらもストレスの緩和やリラックス効果があり、風邪予防や喉の痛みの緩和などの効果もあるので、ちょっと風邪気味かもと思う時に使うと良いかもしれませんね。

アロマの使い方について

これらのアロマを効果的に使用するには、アロマバスやアロマオイルマッサージなどが良いでしょう。
本格的に全身に使用するのが不安なときはフットバスや、ハンドトリートメントがおすすめです。
アロマを数滴垂らしたお湯に両手を10分ほど浸すだけでも全身がぽかぽかしますので、慣れないうちや不安があるときは手軽な方法から試すのが良いでしょう。

ただし、少しでも気分や体調に異変があるときはすぐに使用をやめて空気の入れかえを行い、安静にするように対応をとることが重要です。
また使い方はそれぞれのオイルによって異なる場合もあります。
購入時に必ずお店の方に聞いてから使用することをお勧めします。

この記事の関連の記事

マタニティハーブのイメージ

妊活中、ハーブの使用はちょっと待った!

サプリメントやハーブティなどで身近な存在でもあるハーブ。普段何気なく使っているハーブに使って良いもの悪いものがあるって本当?