妊婦さんのイメージイラスト

妊活予備知識 - 妊活といろいろな雑学 -
「神社で願掛け!おすすめ子宝神社 ~東日本編~ 」

妊活-始める前の予備知識-ロゴ
子宝神社 子宝いぬの像

神社で願掛け!おすすめ子宝神社 ~東日本編~

  1. google

妊活で神頼み!子宝神社にお参りをしよう

妊活もずっと病院や生活習慣などのことを考えていると、ちょっと気づまりになったりします。
そこで、ちょっと気晴らしも兼ねて神社やお寺にお参りしてみるのはいかがですか?

実は全国各地に子宝・子授けにちなんだ神社仏閣があったりします。
有名なところから、ちょっとマイナーなところまで様々。
お守りやお札などもあり、中にはグッズを販売しているような所もありますので、観光気分で行ってみるのも良いかと思います。

東日本の子宝神社

・東京 水天宮
東京都内で有名な子宝神社は水天宮があります。
天御中主神という神様がご祭神で、古事記では世界で最初に生まれた神様の一人として有名で、で安産や子授けにご利益がある神様です。
都内では安産の神様としても有名で、多くの妊活中のカップルや、妊娠中の妊婦さんが集まってくるので混み合うことは覚悟しなければならないでしょう。
境内にはかわいい子宝いぬや河童の像があり、子宝いぬの周りには十二支が彫られてあり、その中の自分の干支を触ると安産・子授けなどのご利益があるということです。
子授けお守りや、安産祈願などのお守りもあり、縁起物の福犬などのグッズも人気があります。

・東京 日枝神社
都内でもう1つ日枝神社も挙げられます。
日枝神社のご祭神は大山咋神様という神様で、「山城國風土記」では矢に姿を変え子授の御神徳をお示しになったという子授けでも有名な神様であり、またその遣いは猿と言われ、猿も犬と同じく多産安産と言われています。
境内には子宝を抱いている猿や、夫婦の猿が配置されており、水天宮と比べるとひっそりしていて落ち着きのある雰囲気ですがパワースポットとしても有名なところです。
子宝、安産に加えて、縁結びにも良い神社として多くの男女が集う場としてもしられています。

・千葉 菅原大神
千葉県では菅原大神が挙げられます。
銚子市にあり、別名が子宝神社と呼ばれているほどのご利益がある神社です。
こちらのご祭神は神社の名前の通り、菅原道真公をお祀りしている神社になります。
はて菅原道真といえば学業成就の神様ですが、この神社に奉納されている丸石を抱くと子供を授かることができるという言い伝えがあり、この丸石を目当てにされる妊活女子が後を絶たない状態です。
この丸石については、昔近くにあった「御産宮」という神社に納められていたもので、「子産石」という古い由来のあるものだそうです。
かつてテレビドラマの収録現場になったこともあり、それによって有名になったこともありますが、子宝神社と呼ばれるだけのご利益は本物でとても人気がある神社です。
春と秋には祭礼があり、授子祈願や安産祈願が行われますので、行くならこの時がおススメです。

・神奈川 若宮八幡宮 金山神社
こちらはちょっと変わった神社になります。
神奈川県の若宮八幡宮で有名なのが、かなまら様と異名もある金山神社。
かなまら様とは男性のシンボルを象ったご神体となります。
お祀りされいる神様は鍛冶鉱山の神様なのですが、イザナミノミコトの出産の時にできた下半身のやけどを治療した神様と言われており、そのため下半身やお産などにご利益があるとされています。
かなまら様をご神体に練り歩くかなまら祭が有名で、海外でも紹介されたことがきっかけで、大勢の外国人客がこの祭りに訪れるそうです。
ちょっと奇抜な神社ですが、不妊治療に携わる医療関係者も訪れる神社なのでご利益はありそうですね。

東北にある子宝の湯

ちょっと変わり種ですが、こちらは温泉地に神社があり、そのご祭神のご霊験にあやかるというもののようです。

・岩手 大沢温泉 金勢神社
こちらも金山神社同様、男性のシンボルがご神体となっている神社です。
「金勢まつり」というお祭りが有名で、ローマの浴場がテーマの人気漫画でも子授けの湯の回で同じようなお祭りが取り上げられていました。
やはりこちらも金勢様と言われるご神体があり、金勢様、一般的には金精様と呼ばれる神様のことで、五穀豊穣や子授け・安産、性病関係にご利益があると言われています。
金勢まつりでは、巨大な金勢様を女性たちが温泉で洗い清めるのですが、金勢様が浸かった湯に入ると子宝や縁結びなどの霊験にあやかれると言われています。

・秋田 蒸ノ湯温泉 ふけの湯
こちらは十和田の八幡平という山にある秘湯だそうです。
秘湯というからには、ちょっと女性が入りづらい野趣あふれるものを想像しますが、こちらのふけの湯は新館もある温泉宿で、八幡平の大自然を眺めながら入浴できる温泉のようです。
館内に金精様が祀られており、温泉にも不妊の効能があるそうです。
都会の喧騒を離れ、ゆっくりリラックスするには最高かもしれませんね。

他にもあるある子宝神社や子宝の湯

上記でご紹介したものについては、子宝・子授けで有名なところをご紹介していますが、東日本各地たくさんあります。
子宝をメインに謳っていなくても、ご祈祷やお守りの販売は色々な神社仏閣で行われていますし、各地の温泉で子宝の湯というものがあります。

神社仏閣については、旅行がてら遠方の有名な子宝神社に行くのも良いですが、もしお礼参りをすると考えたら、メインの願掛けの神社は近場が良いかもしれません。
出産後に赤ちゃんを連れていくことを考えると、すぐには行くことが出来ないし、また時間がたつと忘れてしまいそう。

子宝神社に行くときは赤ちゃんを授かった後のことを考えると、お礼まいりに行きやすいエリアで探すこともおすすめです。
※お礼参りについては、遠方で行くことが出来なければ、郵送で送ればお守りやお札はお焚き上げしてくれたりする所もあります。また神社のお守りは、その神社でなくても近くの神社でもお焚き上げしてくれます。神社に問いあわせてみましょう。

この記事の関連の記事

お灸をする人

子宮冷え?お腹を温める方法

古臭いようで新しい!お灸が冷え性を改善。 体を芯から温めてくれるお灸に注目! お灸で冷えを改善しちゃいましょう!