妊婦さんのイメージイラスト

妊活予備知識 - 妊活とそれに係わる医療費 -
「妊娠中でも入れる保険!安心した出産に向けての保険選び 」

妊活-始める前の予備知識-ロゴ
妊娠と保険

妊娠中でも入れる保険!安心した出産に向けての保険選び

  1. google

出産にも保険?病気じゃないのに必要?

女性は妊娠してからさまざまな体の変化を感じつつ出産に向けての準備をすすめていくかと思いますが、妊活中・出産時のトラブルなどについても考えていますか?

これから妊活を始め、妊娠出産を頑張っていこうと決意した人に気を付けて貰いたいのが、『保険』です。
結婚した時に夫婦で加入したり、見直しをした人もいるかと思います。
しかし中にはまだ早いと思っている人や、適当に入った少額の簡易保険のままで内容などは見ていない人などもいるかもしれません。

これから妊活を始め、病院で検査をして貰った時にもし何か病気が見つかったり、不妊治療をすることになったらその時点で無条件では保険に入れなくなります。
妊活中は問題がなくても、出産にまでに何か問題が発生する可能性もあります。慌てて保険に入ろうと思っても、加入には条件がついてしまう、もしくは希望の保険には入れない可能性があります。
出産時のトラブルは、治療も大変である上かかるお金についても高額となることが知られていますので、なるべく条件の良い保険に事前に入っておくことが重要です。

妊活にぴったりの保険選びとは

妊活を始めたときに医療機関で女性の病気が発覚したり、妊娠してから何らかのトラブルが発覚した場合に備えて加入しておきたいのが、女性の病気に特化した医療保険です。
妊活で子宮がんや子宮筋腫、その他の疾患が見つかった場合や、また出産については、切迫早産や帝王切開など入院・手術が必要になる場合などにおいて適用になります。
子宮の病気は長期の治療が必用になりますし、もし加入していなかった場合、完治しても、その後約5年間は他の保険に加入できません。
帝王切開などで子宮の手術をした場合も同様に、約5年間は他の保険に加入できない状態になります。
もし入れたとしても、特定部位の不担保という子宮周りの病気については給付金除外になったり、保険金額の上乗せなどの条件付きとなります。
もし保険に入っておらず、出産してから加入と考えているのであれば、問題がおこる前に加入するのが得策です。

すでに妊娠してしまっている人でも入れる保険

妊活どころかもうすでに妊娠が発覚してしまった場合、もう保険には入れないかもと思われるかもしれませんが、実は入れる保険があるんです。
しかしやはり特定部位の不担保などの条件が付きます。
その他では、少額短期保険と言う安い金額で加入できる保険があります。
こちらは、他の医療保険のように保障内容が少額な上、1年更新といった非常にコンパクトなミニ保険と言われるものです。
商品によっては、妊婦も対象にしたものもあり、帝王切開も保障してくれます。
大きな保険は不要だけど、安心のために入っておきたい人におすすめの保険です。

家族のために保険に加入しましょう

男性はともかく女性の場合は、自分の保険について疎い傾向にあります。
独身時代、医療保険に全く興味はかったという人も多いのでは?
また結婚後も自分が加入した保険がいったい何なのか知らない人もいるのではないでしょうか。

今は女性がなりやすい病気に特化した保険なども登場しています。
夫婦で同じ保険に入るよりは、夫婦それぞれの生活環境にあった保険を探し選ぶこともゆくゆくは自分たちの将来のためになります。
保険探しは面倒だし、営業の人に自宅で会うのも嫌だという人も少なくありません。
最近は複数の保険を扱う店舗型の保険代理店も存在しますので、そういったお店を利用し気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

この記事の関連の記事

高い医療費に悩む女性

不妊治療と気になる医療費控除

不妊治療では高額の医療費がかかってしまう...それでなくても医療費って何かしらお金がかかってしまいますよね。そんなときの医療費の控除についてお話します。