妊婦さんのイメージイラスト

妊活予備知識 - 妊活と年齢の関係 -
「自分は不妊症?不妊治療ってどの時期から考える? 」

妊活-始める前の予備知識-ロゴ
犬まもり

自分は不妊症?不妊治療ってどの時期から考える?

  1. google

妊活するときにちょっと気になる不妊について

晴れて結婚し、そろそろ子どもが欲しいと思うとき大抵の方は妊活を決意して元気な赤ちゃんを授かることを想像します。
しかし現実には、妊活をしようと思ったときにはすでに不妊と認定される状態だった方も少なくありません。

不妊症であるとされるのは、結婚後、特に避妊をしないで1年が経過しても妊娠に至らない場合、医師から不妊と判断されます。
この基準は医師の判断によるもので、場合によっては6か月程度でも不妊との診断がされる場合もあります。
女性に子宮の病気などの疑いがあれば、期間関係なく不妊症の診断がおりるようなこともあります。

現代では女性の社会進出に伴い、女性が妊娠を希望する年齢が上がってきています。
年齢が高くなればそれだけ卵子の老化も進み、さらに妊娠しにくくなってしまいます。
このようなことから不妊で悩むカップルは多く、不妊は女性側が原因と思われがちですが、昨今男性不妊も珍しいことではありません。
不妊治療は片側一方だけでするものではなく、夫婦二人の問題として一緒に取り組むことが重要です。

一般的な不妊治療の種類と効果

一般的に不妊治療は、タイミング法、排卵誘発法、人工授精などがあり、タイミング法から徐々にステップアップしながら治療を進めていきます。
最初の診察で卵子や精子に問題がなく自然妊娠での妊娠が可能なカップルの場合、殆どの場合この一般不妊治療で妊娠に至ることが多いですが、それでも妊娠が難しい場合、体外受精や顕微授精へと治療は進められていきます。
このような場合、通常の診察では見つからなかった病気が腹腔鏡検査などを受けると子宮内膜症が見つかったりなどする場合もあり、一般不妊治療よりも複雑な検査や治療を受ける必要が出てくるため、女性の体にかかる負担やそれにかかる医療費もさらに大きくなるのが現状です。

卵子の数は年齢とともに変化する

妊娠するときに必ず必要なものと言えば、卵子と精子です。
卵子は常に新しいものが作られる精子とは違い、女性の卵子の元になる細胞は、自身が生まれる前、胎児の段階で一生分が作られます。
もうこれ以降新しい細胞は作られることはなく、ここで一生分の卵子の数が決まったと言っても過言ではありません。
しかもこの卵子は、基本的に1か月に1つ排卵されるものですが、排卵していく卵子とは別に自然と消滅し減少していきます。
最初はたくさんあった細胞も、この排卵と自然消滅によりどんどん減っていき、この卵子細胞がなくなりかけた段階で閉経となります。

そして女性が閉経を迎えるまで、減少しながらもこの卵子の細胞は女性の体の中で自身の年齢と同じく年を取っていきます。

人間も年を取れば体に不調が出るように、卵子も年を取れば正常に機能しなくなっていきます。
高齢出産と言われる年齢になると、卵子の質などをカバーするかのように排卵数に変化が出て多胎になると言われたりすることもありますが、他に染色体異常であったり、それ以前に精子との受精がうまくできなくなったりなど、問題が出てくるようになります。

体外受精や顕微授精をするときの成功率は高いのでしょうか?


体外受精や顕微授精
をするとき、気になることはちゃんと妊娠するのかどうかということです。
妊娠率、つまり成功率はどれくらいなのかというと、体外受精の場合で見ていくと20代でおよそ43%、30代前半では30%ほど、30代後半では20%弱、40代以上になると10%を切るようになります。

大抵の場合、体外受精に使用する卵子や精子は、自分たち夫婦のものを使用しますが、高齢出産といわれるいわゆる35歳をすぎたころからは、例え体外受精であっても成功率が低くなるといえます。

この原因は卵子や精子の質、母体の状態などにも左右されますので、一概には何が悪いとは言えませんが、加齢に伴うリスクとしては認めざるを得ない部分です。

いつ頃妊活や不妊の治療をしたらよいでしょうか?

こうした各種データを見ていくと、妊活はできるだけ若いうちが良い、特に30代後半ともなれば1歳でも1日でも若い方がいいような気がすることも明らかです。
妊活は夫婦の間で子供が欲しいなら少しでも早く開始しておき、もしも不妊だと認定されるようなら不妊治療も基本的な検査からしっかりと行うことがおすすめです。

不妊治療に関しては、不妊だとわかったときからすぐに治療を行うことが望ましく、自分の希望にあった専門医を探すことが先決です。

近くに望むようなところがなければ、他県でもよいので腕や技術、評判などが優れている産婦人科で治療を行う方が的確な治療ができますし、設備も整っているなどのメリットが大きくなります。
いろいろな情報を集めて、夫婦が望む形で進めて行きましょう。

この記事の関連の記事

妊婦さんのおなか

高齢出産って何歳から?

高齢出産ってよく聞きますが、実際何歳からが高齢出産に当てはまるかご存知ですか?そんなあなたに高齢出産について解説します。