妊婦さんのイメージイラスト

妊活予備知識 - 妊活と年齢の関係 -
「高齢出産って何歳から? 」

妊活-始める前の予備知識-ロゴ
妊婦さんのおなか

高齢出産って何歳から?

  1. google

高齢出産の定義

高齢出産という言葉を聞くと、いかにも高齢者が出産するような印象ですが、この高齢というのは卵子の老化する基準からきています。
詳しく定義を見ていくと、日本産婦人科学会の定義では35歳以上の女性が出産することを高齢出産と定めています。

35歳がもう高齢!?早い!と思う方も多いのではないかと思います。
結婚・出産も30歳を過ぎてからという女性も多くなり、それが当たり前となってきている昨今では、35歳以上の女性の出産が高齢出産となると意外と該当してしまう女性も多いといえます。
ましてや近年では40代の初産という女性も増えているので、ますます高齢出産な傾向となっています。

高齢出産だとどんなリスクがありますか?

高齢出産になる方は一般的にリスクが高まると言われています。
そのリスクには、卵子の問題が挙げられます。
女性のみが持つこの卵子の元なる細胞、実はまだ生まれる前の胎児のころに一生分作られるそうです。
細胞は一度作られたらもう新しいものは作られないので、自分が年を重ねるのと同じように卵細胞も老化していくことになります。

やはり老化すると人間自体がそうであるように、細胞に元気がなくなり、また病気にかかる確率も高くなります。
また受精率も下がり、さらには胎児や赤ちゃんの先天的な異常や染色体の異常のリスクが高まるなど、場合によっては出産まで持たない可能性もあります。
こうしたリスクが20代よりも高くなり、さらに母体への負担も大きくなります。

母体への負担では、妊娠中の高血圧症候群や糖尿病のリスクや、体重の管理が難しいなどがあります。
さらに出産時は難産になりやすくなるため帝王切開になる場合が多く、ドクターの判断とは言え自然分娩よりも負担が大きくなります。
産後の生活においても母体の回復が遅く感じたり、体力面でも劣る傾向があります。

高齢出産はリスクだけじゃない

高齢出産は確かにリスクがありますが、メリットもあります。
妊活を始めた時点で女性側に精神的・経済的な余裕があることが多く、育児に対しても寛容になれたりします。
社会的なスキルがあるので産後復帰もできますし、出産をしたことにより子宮がんの予防なども期待できます。

母親に経済的にも精神的にも余裕があることで、子供が心身ともに健やかに育つ環境が整っているともいえるのではないでしょうか。

この記事の関連の記事

医師の検査を受ける妊婦

高齢出産が不安。。。羊水検査とはどんなもの?

染色体異常の検査をしたいけど、羊水検査ってどんなもの?赤ちゃんに害はないの?羊水検査について解説します。