妊婦さんのイメージイラスト

妊活予備知識 - 妊活と生活習慣について -
「妊活には葉酸が良いというのはなぜ? 」

妊活-始める前の予備知識-ロゴ
サプリを摂取する女性

妊活には葉酸が良いというのはなぜ?

  1. google

妊活や妊娠中に葉酸が必要な理由

妊活をする前まで葉酸という言葉を聞いたことがなかったのですが、妊娠を意識し始めると気になるワードの一つに。
ではその葉酸が妊娠においてどれくらい重要なのか実際良く知らないけど、絶対摂らなきゃいけないのかなって思いがちです。

ではそもそも葉酸とは何なのでしょうか。

体に必要な栄養素?葉酸とは

葉酸というのは水溶性ビタミンという水に溶けやすいビタミンの仲間で、体の中にとどまりにくいビタミンです。
葉酸欠乏症になれば悪性の貧血を起こし、妊娠初期の女性の場合は胎児が神経管閉鎖障害という病気になるリスクが高まると言われていることから、妊活で必要不可欠な栄養素と言われる所以です。

ほうれん草やブロッコリーなど緑黄色野菜に多く含まれており、野菜を普通に摂取していれば欠乏状態になっていることは殆どないと言われています。

通常の生活ではそこまで欠乏するということはないようですが、妊娠すると普段よりも沢山の量を必要とします。
葉酸は妊娠初期の胎児の成長にとても重要な役割を担っていて、神経系の発達に関与していることから、妊活を始めた段階で食事の中で葉酸を積極的に摂るようにし、いつ妊娠しても良いようにしておくのが良いでしょう。

必要以上に摂取することはNG!妊活に及ぼす葉酸の影響

では水に溶けやすいんだし、たくさん摂取しないとダメよね?と思うでしょう。体にとどまりにくいのに過剰摂取になる可能性はあるのかどうか疑問に思いますよね。

妊娠初期には葉酸が不可欠!と言われたら欠乏症が怖くて妊活中に葉酸のサプリメントをせっせと飲むようになるでしょう。しかしそのサプリメントの葉酸の量によっては過剰に摂取してしまうなどということが起きる可能性が。

普段の生活でダイエットや不規則な生活で食事があまりできないなどでない限り、体に必要な葉酸は摂取できると言われています。
にも関わらず、必要以上に摂取しているとやはり過剰摂取になりかねません。

過剰に摂取すると、葉酸過敏症になり発熱やじんましん、かゆみ、呼吸障害を起こすことがあります。
女性の推奨量は240ug(0.24mg)で、耐用上限量は1000ug(1mg)とされており、それをオーバーすると上記のような症状が出る危険性があります。
自分が摂取しているサプリの葉酸含有量が一体どれくらいなのか、必要以上に摂取する危険がないか知ることから始めましょう。

葉酸サプリは必要なのでしょうか?

葉酸は普段の生活で摂取できると聞くと、葉酸サプリは必要か不要ちょっと考えてしまいますよね。
本当に必要かどうかは自分自身の食生活を振り返ってみると良いでしょう。

朝ゆでたホウレンソウの場合で100gを食べた場合葉酸は110ug摂取でき、その後夕食にゆでたブロッコリー100gを食べた場合120ug摂取したことになります。
この段階で230ugしか摂取しておらず、推奨量よりも若干低くなりますね。
しかも実は、食事で摂取した葉酸は50%しか体内利用されないということもあり、食事からの摂取量は115ugとなってしまいます。
全く足りてませんね。
もしも妊娠中であったら、推奨量よりもさらに200ugは追加した量が必要となりますので、この場合はサプリを飲んだ方が良いと言えます。

葉酸はほうれん草やブロッコリー以外の食品からも摂取可能です。
一日にこれ以外食べていないということはないでしょうから、他の食品からの摂取量も考えてサプリを飲むことを決めた方が良いでしょう。

普段から葉酸を含む食品を多く食べるようにしている方は、1回分の葉酸の量が少ないサプリを選ぶなどして調整し、
また外食した日で摂取量が不足と感じた時にはサプリを多めに摂取するように心がけるとか、その日その日の食生活を振り返って加減することをおすすめします。

葉酸サプリの選び方

厚生労働省では葉酸について、妊活をしている方と妊娠中の方を対象に、1日の摂取量を440ugを推奨量として定めています。
食事で取れる量とのバランスをみて摂取できるようなサプリを選ぶことが重要です。

同時に気を付けたいのはサプリメント自体にどのような栄養成分添加物が配合されているのかということです。
まず栄養成分ではビタミンB12に注目し十分に配合されているものが良いです。
ビタミンB12は葉酸と同時に摂取するとお互いにサポートしあう関係性で赤血球の形成やDNAの合成にも重要な役割を担っています。

添加物については、各サプリメントに様々な添加物が使用されています。
妊活中にはなるべく添加物があまり使われていないものを購入することが重要ですが、複数のサプリメントを併用することも避けた方が良いでしょう。
それぞれが違う添加物だった場合、いくら一個に含まれる添加物の種類が少なくても意味がありません。
添加物については種類も多く、未だにその併用についての害について研究も進んでいません。
これから妊娠を希望するのであれば、そのようなことも気にした方が良いでしょう。

さらに放射能チェックがされているものや、安全性がISO認定工場で生産しているなどして認められているものを選ぶと良いです。

葉酸のサプリを飲んでいればい良いという事ではなく、きちんと食事の管理もした上での摂取をしていきましょう。

この記事の関連の記事

体重計の食生活の改善イメージ

妊活中にダイエット!妊娠と肥満の関係について

太ってると不妊のリスクがある!?肥満と妊娠の関係について、きちんと向き合うことは意外と重要かも。