妊婦さんのイメージイラスト

妊活予備知識 - 妊活と生活習慣について -
「葉酸って何?妊活中に良く聞く葉酸について 」

妊活-始める前の予備知識-ロゴ
葉酸サプリメントのイメージ

葉酸って何?妊活中に良く聞く葉酸について

  1. google

妊活中に良く聞く葉酸について

妊活を始めたときから重要な栄養素として摂取したほうがいいと言われるのが葉酸です。
葉酸は厳密には水に溶けやすい水溶性ビタミンの1つで、もっと細かく言えばビタミンB群の仲間です。
ホウレンソウなど緑色が濃い野菜の葉に多く含まれていることから葉酸という名称になったと言われています。

葉酸はビタミンの仲間でありながらもタンパク質や細胞の製造、DNAなどの核酸を合成するときに必要となり、なおかつ重要な役割を担っています。
大人の体にもとても重要なビタミンですが、妊活中、妊娠中にはもっと大切な栄養素になります。

妊娠と葉酸の関わり

まず妊娠初期は胎児にとって神経系や心臓などの生きていく上でとても重要な臓器や機関などが作られます。
葉酸はこのタイミングにとても必要不可欠なもので、不足すると神経管閉鎖障害という神経管の発育不全を起こすリスクが高まります。

妊娠初期の葉酸はお腹の赤ちゃんが健やかに成長するためにどうしても必要なものなので、ホウレンソウなどの葉物野菜が苦手という方もここは何らかの工夫をして葉酸を摂取する努力が必要です。
また近年ではある程度の年齢を重ねた方の脳卒中や心筋梗塞などの循環器系疾患を防ぐという効果もあり、研究が進められています。

葉酸はどうやって摂取するの?

葉酸は食品ではさまざまなものに含まれていてわりと多くの食品が該当していますが、代表的なものでは、レバーや枝豆、モロヘイヤ、ホウレンソウ、ブロッコリーが挙げられます。
緑黄色野菜の中でも緑が濃いものというイメージです。

また緑黄色野菜の中でもブロッコリーやホウレンソウはゆでて食しますが、これを蒸すようにするとゆでるよりも多い葉酸を摂取でき、枝豆などもフライパンで焼き枝豆にすると良いと言われています。
レバーはしっかり加熱するのが理想的で、定期的に適量を食べるのが良いです。

日ごろのメニューにひと工夫したり、お酒を飲むときも添えるようにして食べると良いでしょう。

出産に向けて葉酸が不足するとどうなるの?

出産に向かう妊娠中はお腹の中の赤ちゃんが葉酸をぐんぐん必要として吸収していきますので、不足すると自分の体の栄養バランスが崩れたり、体調不良を起こす原因になります。
それらを防ぐためにも妊娠中は特に積極的に摂取することがおすすめです。

しかし過剰に摂取することも禁物で、葉酸をサプリメントで補うとしても、1日の推奨摂取量を守り、なおかつ食品からも摂取することを考えて過剰になりすぎず不足しないように摂取することが重要です。

サプリを利用する場合、気を付けないと過剰摂取状態になりやすい傾向があります。
普段の食事からも摂取されている可能性もあるので、それを踏まえた量を服用する必要があります。
上限を超えて摂取すると体は神経障害や発熱、蕁麻疹などを引き起こす可能性があり、それがもし妊娠中だった場合は母子ともに心配な状態になります。

妊活中から葉酸は適切な量を摂取しよう

葉酸妊娠前から摂取しておく必要があり、妊娠が判明してからだと遅いと言われています。
妊活を始めたならば、意識的に葉酸が多く含まれる野菜を摂取するように心がけるのが得策です。
そして妊娠がわかったら少し量を増やすよう心掛け、これまでの2倍程度の量を意識しつつ、食事の内容を見直しましょう。

生活改善・食事バランスの見直しと一緒に意識して

女性はどうしてもダイエットを意識して栄養バランスが崩れやすいですが、妊活をしているなら栄養バランスが良い食事や、適切な量、ダイエットをするなら運動を取り入れるなどのように健康的なものを取り入れる方が安全です。
サプリはどうしても1日野菜が不足してしまった日の補充のように考えて利用し、毎日飲むというのはやや控える方が安全に葉酸と付き合って行けるといえます。

この記事の関連の記事

体重計の食生活の改善イメージ

妊活中にダイエット!妊娠と肥満の関係について

太ってると不妊のリスクがある!?肥満と妊娠の関係について、きちんと向き合うことは意外と重要かも。