妊婦さんのイメージイラスト

妊活予備知識 - 排卵と妊娠について -
「低用量ピルを使ってるけど妊活って出来る? 」

妊活-始める前の予備知識-ロゴ
ピルで悩む女性

低用量ピルを使ってるけど妊活って出来る?

  1. google

低用量ピルの避妊効果

低用量ピルは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンからできている合成薬で、ホルモン量をコントロールして疑似妊娠状態を作りだし排卵を止める働きがあります。

1番の効果は避妊効果で、排卵そのものを抑制しますから妊娠できない状態となります。
同時に子宮粘膜がホルモンの変化によって過剰に厚く成長しないので生理痛の緩和や出血量の軽減なども期待できるようになります。

上記のような効果があることから、避妊目的だけではなく、子宮内膜症などの子宮や生理に関係の治療の一環として低用量ピルが処方されます。

このようにピルを避妊目的ではなく、治療が目的で服用している女性も多くいるのではないかと思います。

ピルを使っていても妊娠できる?

先ほど述べたように、このピルというものは、疑似妊娠の状態になるのでピルを服用している間は妊娠はできません。

では実際に低用量ピルを服用している女性が妊娠を希望するときにどうすればいいのかというと、低用量ピルの服用をやめれば良い訳です。

ただし、勝手に途中でやめるのではなくて担当のドクターに事前に相談して許可を得てからにしましょう。
治療目的で服用している間は病気の経過などもありますし、今後の治療方針も含め医師と相談するのが良いかと思います。

ピルをやめた後はどうなる?

ピルを急にやめたからと言って、何か副作用があるかというと特に何もないので安心してください。
ただ、ピルの効果が切れ、ピルを服用する前の状態に戻ります。

ピルは排卵を止める働きがあるため、きちんと排卵されているかどうか確認するためには、まずはピルの服用を辞めた後、数回は排卵させて自然な生理を起こすことが必要です。
一般的にはピルの服用を辞めてだいたい3か月くらいで通常の生理周期に戻るとされていますので、最低でも3回くらいの生理は様子を見て、体調を整えるようにしましょう。

このときに子宮内膜症などの病気の症状が重くなる、他の諸症状が出て苦しいというときはその後の妊活にも関わりますので、無理をしないで速やかに医療機関を受診し、適切な処置を受けるようにしてください。

その後は、ピルを使ってないかった人と同様に妊活すれば大丈夫です。
タイミング法や人工授精などご自身の状態によってスタートは変わってきますので、専門医やピルを処方してくれた医師に相談すると良いかと思います。

出産後にピルの服用はいつから?

妊娠に成功して無事に出産した後もピルの服用が必要な場合、いつから服用が可能か気になるところですよね。

ピルそのものは女性ホルモンの合成薬なので授乳期間中に服用しても赤ちゃんには害はないと言われています。
しかし、ピルに含まれるエストロゲンというホルモンには母乳を出にくくする作用があり、授乳中のピルの服用により母乳が出なくなる可能性はあります。

産後にピルを服用する必要が出てきた場合は、医師に相談し断乳しピルを服用するかどうかを判断しましょう。

この記事の関連の記事

排卵検査薬について

妊活に必要な排卵検査薬とは

排卵検査薬というものがあるのをご存知ですか?自分の排卵日を正しく知るには基礎体温表と併せて活用していくのもおすすめです。妊娠しやすい日の目安を把握しやすくなりますよ。