妊婦さんのイメージイラスト

妊活予備知識 - 排卵と妊娠について -
「妊娠に最適な日は排卵日当日? 」

妊活-始める前の予備知識-ロゴ
排卵日と妊娠

妊娠に最適な日は排卵日当日?

  1. google

排卵日と妊娠の関係について

妊活していると誰でも妊娠しやすい日を確定したいと思うようになります。しかし排卵日がいつなのかについては、徹底した排卵日の予測と病院での検査がない限り確実には不可能であり、その面倒さに対して不満を抱くようになります。

妊娠は誰でも簡単に出来るようなものではなく、妊活を始めようと思う人の中の多くは自然に妊娠できず、それではと的確に排卵と受精、着床を行う方法を考えるようになるものです。
このように妊活中の方が、妊娠しやすい日や最適な日を知りたいと思うようになるのは当然のことです。
そしてほとんどの人が、妊娠しやすい日=排卵日と考えるでしょう。

では、本当に妊娠しやすいのは排卵日当日なのでしょうか。

自分で排卵日を知る 排卵検査薬の仕組みとは

排卵そのものは女性が日ごろ受けているストレスや生活習慣で簡単に1日から数日の間で変化してしまうほどデリケートなもので、おおよその見当はつくものの、毎月決まった日に行われるものではありません。
もし病院へ行かずに排卵日を知りたいと思った場合、排卵検査薬という薬を使うことが可能です。

これは妊娠検査薬と同様なもので、薬局などで買える簡易的な判定薬です。
この排卵検査薬は、黄体形成ホルモン(LH)というホルモン量によって排卵の可能性を示す薬です。
この黄体形成ホルモンは排卵日前に急増するホルモンで、この黄体形成ホルモンを検出すること(LHサージ)で、現在排卵日が近いかどうかを判定するできます。

そのため排卵の前後24時間、合計で48時間は排卵検査薬に反応が出る時期となります。
目で見て排卵が当日前後であると把握できるのは基礎体温を付けるよりも手軽になりますが、ずれることもあるので注意が必要です。
これは基礎体温表でも正しく計測できている方の場合はしっかりとした体温の変化によって把握できる部分です。

妊娠しやすいセックスのタイミング

排卵のタイミングはこうした形で把握できますが妊活中の方にとってはいつセックスをすればいいのかというのが問題になります。

妊活中だから排卵日当日にセックスすればいいのかどうかも迷いますし、こうしたことはドクターにも自分から質問しなければ教えてくれないことも多いところです。
排卵日当日を見極めることもなかなか難しいですが排卵検査薬を使用して当日を見極めたとしてもその日にセックスをすればいいというものではありません。
これまでのデータ上では排卵日当日よりも排卵日の2日から3日前の方が妊娠率が高いとされており、これは排卵検査薬を使用する上では少しややこしいのですが、排卵検査薬の性質から言っても仕方のない部分になります。

排卵検査薬は排卵するときに多くなるホルモンに反応しますので陽性反応が出ているときはすでに排卵している可能性もあります。
そういったことから考えるとまだまだ改善が必要になるのですが、目安を計る上では非常に画期的なものと認識できます。
1回の排卵検査薬の使用で決めつけることは無理なので複数回使用しておおよそのタイミングを知り、排卵日を予測しつつもその前後でセックスするように心がけることが妊活にはとても良い方法となります。

排卵検査薬は排卵日を知るための目安

もちろんドクターに診断してもらう方法もありますが時間や費用がかかりますので、ドクターの診断のサポート的な扱いとしても利用することがおすすめです。結論から言えば排卵日当日が妊娠に最適なのかどうかというと、排卵前の2日前付近が最も最適だということになります。
しかし女性の体はデリケートなため、断定は難しく毎月決まった日にちに排卵する、決まった周期で排卵するとは言い切れないため、おおよその予定、排卵検査薬の併用とともに判断していくことが無難といえます。

どうしても妊活中は排卵日を確定したい気持ちになりますが、赤ちゃんが予定日に必ず生まれるとは限らないのと同じなのでそのあたりはあらかじめ理解しておくことが必要になります。
人間の体の神秘の部分ともなるので余裕をもって取りくみ、万一サイクルが狂った場合でも慌てないで済むようにセックスも行うことが必要です。

この記事の関連の記事

お腹が痛い女性

妊活する上で覚えておきたい排卵痛

妊活したいけど排卵痛がある私は大丈夫?排卵痛ってどうして起こるの?排卵痛があっても妊活できるよう自分の体を知ることが大事です!