妊婦さんのイメージイラスト

妊活予備知識 - 排卵と妊娠について -
「妊活するなら生理周期から排卵日を把握しよう 」

妊活-始める前の予備知識-ロゴ
ベッドに横たわるカップル

妊活するなら生理周期から排卵日を把握しよう

  1. google

妊活をするとき、単純に毎日のように性交渉をしていればいつかは妊娠する、そんな曖昧な考えで妊活を考えていませんか。
人間365日パートナーと絶対に仲良しでいるわけではありませんし、性交渉を毎日したいと思わないこともあります。仕事で疲れている日もあるかもしれません。

数打てば当たる方式はちょっと待って

女性の体は1か月に1回の排卵が行われて、しかも排卵から妊娠可能な時間は大体24時間と言われています。
どのタイミングで排卵していて、いつから24時間なのかは誰にもわからない、そんな状況があるため、ある程度の排卵について把握しておく必要があります。

排卵はいつ起こる?

排卵というのは、大体生理と次の生理の間くらいに起こるものと考えている方がいますが、だいたい一般的に次の生理予定日から約14日前の日が排卵日となり、反対に言えば、排卵してからその約14日後が次の生理日という計算になります。
この方式だと排卵してから妊娠が成立しなかった場合、約14日後に生理が起こることになります。
そのため、まずは生理周期を把握することが大事な作業になります。

まずは自分の生理周期を知ろう!

生理周期は人によって違いますが、生理が始まった初日から次の生理が開始する前日までの日数を指します。
26日周期の人なら26日から14日を差し引くと、12日となり、生理周期で言うところの12日目が排卵の予定となります。
しかしこの計算や数字はあくまでも目安で、絶対的なものではありません。
それは排卵自体が各個人で異なりますし、何より女性の体の状態に左右されやすく、疲れていたり、体調不良であったりなどで排卵が遅れたり、排卵しないときがあります。
それを踏まえあくまでも目安として考えて、大体の排卵予定から前後3日程度は可能性があると信じて、トータルで7日間程度は性交渉をすることがおすすめです。
特にその7日間毎日ではなくても大丈夫ですし、1日おきでも十分に妊娠の可能性がありますので様子をみながら頑張りましょう。

この記事の関連の記事

ピルで悩む女性

低用量ピルを使ってるけど妊活って出来る?

様々な理由でピルを服用している女性は、割と多いはず。ピルを使っていても妊娠は出来るのかどうか、気になる質問にお答えします。