妊婦さんのイメージイラスト

妊活予備知識 - 気になる産み分け方法 -
「妊活で男女の産み分けの時に気を付けたいこと 」

妊活-始める前の予備知識-ロゴ
男女の産み分け方法

妊活で男女の産み分けの時に気を付けたいこと

  1. google

妊活するなら男女の産み分けに挑戦したいカップルは多いと言えます。そのときに具体的に気を付けることはどのようなことがあるのでしょうか。

赤ちゃんの産み分けで気を付けること

一般に男の子の赤ちゃんを産み分けたいときは、次のようなことに気を付けるといいという話を聞きます。
・排卵日の直前に性交をする
・女性が満足するような性交をする
・できるだけ深い挿入を目指す
・性交渉の前、3日から5日程度は禁欲をしてから性交渉に臨む
・男の子用の専用ゼリーを膣内に入れて性交渉する
・科学的な根拠はないもののリン酸カルシウムを使用して性交渉をする

女の子を産むには?

次に一般に女の子の赤ちゃんを産み分けたいときは、次のようなことに気を付けます。
・排卵日の2日前に性交渉をする
・特に男性は禁欲の必要はなく、前日も精液を出しておいてもかまわない、むしろ禁欲してはいけない
・性行為は比較的あっさりとしておき、オーガズムを感じないようにする
・女の子用のゼリーを使用して性交渉する

どちらかというと、男の子を産み分けたいときの方が条件が多いのですが、それでも実践できないような条件ではないので、細かくこだわって実践してみると良いでしょう。
また女性の体によってはもともとの膣内が強い酸性か、弱い酸性なのかによって、産み分けがうまくいくかどうかも左右されます。

余裕をもってパートナーと協力しながらチャレンジ

1回チャレンジしてダメだったからといって、簡単に膣内の酸性度がわかるわけではありませんが、何度かチャレンジしてみてうまくいかないようなら、男女産み分け用のそれぞれのゼリーなども併用することがおすすめです。
また、排卵日の予定はちょっとしたことでも変化してしまうことがあるので、できるだけ女性の方にストレスをかけないようにするなどの工夫が必要になります。

赤ちゃんの男女の産み分けは、100%確実なものではありません。それに、男女のどちらかががんばったから成就するようなものでもありません。
夫婦でお互いに努力しあって、協力することが何よりも大切で、希望する性別の赤ちゃんが生まれなかったとしても大切に育てることが基本となります。

この記事の関連の記事

女の子と男の子のベビー服

産み分けで良く使われる産み分けゼリーとは

噂に聞く産み分けゼリー。気にはなるけどどんなものかちょっと心配。そんな産み分けゼリーの仕組みと安全面について。