妊婦さんのイメージイラスト

妊活予備知識 - 気になる産み分け方法 -
「物は試し?中国で使われている産み分けカレンダー 」

妊活-始める前の予備知識-ロゴ
産み分けカレンダー

物は試し?中国で使われている産み分けカレンダー

  1. google

妊活で気になる男女の産み分け

いざ妊娠をと妊娠・出産が自分自身にとてリアルなものになってくると、最初は男の子がいいな~とか、やっぱり女の子が欲しいなど色々夢が膨らんでくるものです。
もしかすると「最初で最後の子供かも」と思うと、出来たら産み分けられたらと考えてしまうこともあるかもしれません。

日本では産み分け法と言えば『産み分けゼリー』というものがあり、膣内を女の子が希望なら酸性に、男の子が希望ならアルカリ性にと言った感じで、X・Y染色体を持つそれぞれの精子が好む環境に整えることで産み分けをするという手法があります。
安価で済むということもありそれを利用することが主流となっています。
またパーコール法という男の染色体を持つ精子のみを取り出し、人工授精するという方法もあります。

その他にもいろいろ、性交時の体位や性交日などが関係してくるといった事も聞きますが、今回は中国式の産み分けカレンダーというものに注目したいと思います!

産み分けカレンダーとは?

中国式の産み分けカレンダーとは中国で13世紀ごろに作成されたもので、受胎月と受胎時の妊婦の数え年によって性別を割り出すものです。

中国では700年以上も前の王の墓から産み分け表が見つかっており、古くから活用されてきたものとして認識されています。
そして近代では中国の一人っ子政策が始まると、産み分けについてこの表がさらに活用されてきたのではないのでしょうか。

現在はどうなのかと言うと、当時の統計学によって割り出されているものなのであまりあてにならないかと思う方も多いでしょうが、割と的中すると評判だそうです。

とは言っても科学的に何の確証もない一種の占いのようなものなので、ゲン担ぎに使うと良いのではないでしょうか。

産み分けカレンダーの使い方

中国式産み分けカレンダーは、妊婦さんの年齢と受胎した月とを縦軸横軸に置いた表になっており、『18歳で1月に受胎』であれば『女の子』と言った感じで、男女の割り当てがされています。

年齢と月と自分が当てはまる箇所を見て、お腹の子供の性別を判断するということになります。
ちなみに受胎時の年齢は数え年、受胎月は旧暦で見る必要があり、表を見るときは注意が必要です。

年齢/受胎月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
年齢/受胎月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45

物は試し?

先ほども書きましたが、この産み分けカレンダーについては、あくまでも占い程度として捉えておきましょう。
産み分けカレンダーも中国式の他にもブラジル式というものもあるみたいですので、それを考えるとやっぱり『絶対』ではありません

それに排卵日と自分の希望する性別の日とが合致するとは限りませんし、わざわざ折角のタイミングをずらす必要もありません。

でも、この日だったからもしかして女の子の確率が高いかも~と夫婦で楽しむネタの一つとして使えるかと思います。
いろいろチャレンジしたい方、またゲン担ぎに、活用してみてください。

この記事の関連の記事

男女の産み分け方法

妊活で男女の産み分けの時に気を付けたいこと

産み分け方法を試してみたい方必見!確実とは言えないにしろ、やってみるのもありかもしれませんね。余裕のある方におすすめです。