妊婦さんのイメージイラスト

妊活予備知識 - 気になる産み分け方法 -
「産み分けで良く使われる産み分けゼリーとは 」

妊活-始める前の予備知識-ロゴ
女の子と男の子のベビー服

産み分けで良く使われる産み分けゼリーとは

  1. google

気になる男女の産み分け

皆さんも昔独身の頃や子供時代に「もし自分に赤ちゃんができるなら」というもしも話をして盛り上がったことってありませんか?

かく言う私も友達と自分だったら~という妄想話をして盛り上がったことがあります。

妊活を始めるとそれがよりリアルになって甦ってきたりしませんか?
昔は最初は男の子だと思ってたけど、先輩ママさんの体験話を読んでると女の子がいいかな~とか色々考えてしまいますよね。

婚活を意識して取り組んでいると男女の産み分けにも興味が出てきても不思議ではありません。

『男女の産み分け』については以前に産み分けカレンダーや人工授精の時に出来るパーコール法を取り上げてきましたが、
今主流でもある産み分けゼリーについてご紹介したいと思います。

病院で処方して貰える産み分けゼリー

男女の産み分けについては科学的かどうかはさておいて様々な方法があると言えますが、
その中で気になる存在といえば病院に男女の産み分けを相談したときにもらえるゼリーです。

このゼリーには女の子用・男の子用の二種があり、それぞれピンクゼリー・グリーンゼリーと呼ばれています。

産み分けゼリーの正体とは?

産み分けについては様々な事が言われていますが、男性の精子の染色体によって決まると言われており、それを受け止める膣内の状態によって産み分けが可能と言われています。

どういうことかと言えば、膣内の状態が酸性かアルカリ性かによって男女を決める染色体の優位が変わるというもので、
男(Y染色体)はアルカリ性に強く、酸性に弱い。女(X染色体)は逆で、酸性に強く、アルカリ性に弱い。
即ち男の子が欲しければ膣内をアルカリ性に保つようにすればY染色体が優位になり、また女の子が欲しければ酸性にすることでX染色体が優位になる環境を作るということになります。
この性質を利用して作られたゼリーなのです。

・男の子用のグリーンゼリー:Y染色体の精子はアルカリに強く酸性に弱いのでアルカリ性のゼリー
・女の子用のピンクゼリー:X染色体の精子は酸性に強くアルカリ性に弱いので酸性のゼリー

使用方法は非常に簡単で、性行為のときにピンク・グリーンのどちらかのゼリーを膣内に前もって注入しておくだけです。
これを注入するだけで、膣内が酸性もしくはアルカリ性に保たれ、Y染色体・X染色体どちらかが優位になる状態を作り上げるのです。

この各種ゼリーに関してリスクが心配になりますが、病院で処方されるものについてはベーキングパウダーなど自然由来のものが原料で、副作用など人体への害はないとのこと。安心して使うことが出来るようです。

男女の産み分けに本当に効果があるのか検証

男女の産み分けにゼリーが本当に効果があるのかどうかというと、こちらもまた信用できるデータはありません。
しかし遺伝子操作を行うわけでもないし、膣から子宮に向けての精子の優位を左右する程度ですので、ある程度の可能性はあるといえます。
かといって過剰に期待したり思い込みすぎるのは良くありませんのが、もし妊娠した時の期待も籠めて、使ってみるのはありだと思います。

この記事の関連の記事

男女の産み分け方法

妊活で男女の産み分けの時に気を付けたいこと

産み分け方法を試してみたい方必見!確実とは言えないにしろ、やってみるのもありかもしれませんね。余裕のある方におすすめです。